空き時間をフル活用して本業を超える収益を稼ぐ

副業で1秒1円稼ぐための戦略思考




未分類

FXだけで生活していくには?月30万円が最低ライン

更新日:

FXは勝つか負けるかのデッドオアアライブ。誰かの負けた分が誰かの勝ちにつながるゼロサムゲームです。

そんな厳しい世界で生き残っている専業トレーダーたちは、一体月にどのくらい稼いでいるのでしょうか?

人によって様々ですが、今回は「専業トレーダーとして生きていくための最低ライン」についてお話をしていきます。

FXでいくら勝てば生活できるのか

これからFXで生活をしていくために、まずは月にいくら稼げば良いのかを考えていきたいと思います。

そりゃいっぱい稼げればいいですが、そんなスキルがあればとっくに億万長者になっていますので、リアルに稼がないと死亡してしまう額を計算してみます。

月にいくらの支出があるのか

支出よりも収入が上回ればよいので、まずは支出の計算をします。

一番高いもので家賃ですね。ボクの住んでいる家は少し田舎なので6万円と安いです。

次に自家用車。
保険料が年間6万円/月5000円、月のガソリン代と駐車場代で1万円。

それに車検やちょっとしたトラブル、高速料金などでザックリと月5000円上乗せして、合計で2万円といったところでしょうか。

そして通信料金。
携帯料金が月に1万円(格安SIMに変えれば安くなるのでもう少し出費を抑えられますね)。

パソコンのインターネット料金が5000円、サーバーのレンタル費用が月1500円、その他たまに買い替えるモニターなどの出費を勘案して合計で月2万円ぐらいですかね。

それから光熱費。

電気が月に1万円とガス・水道で1万円。少し高く見積もってますが、最低でもこのくらいの金額は見といたほうがいいですね。

そして意外とかかっている食費。
節約すればかなり安く抑えられますが、そこまでストイックに生活費を削るつもりはないです(今のところ)。

1日2000円計算で月に6万円あれば、週に1回は外食もできそうです。

トータルの支出は30万円也

ここまでで18万円です。
ここから先がようやく人間らしい生活をするため(泣)の額になってきます。

友人との交流や、衣類を買ったり趣味のゴルフに行ったりすることができるのも、ここから先いくら稼ぐことができるかが鍵になってきます。

また国民健康保険や年金、市県民税の支払いもあります。

最低でも10万円は欲しいところですね。

ということで最低限の生活ができるのは28万円となりました。キリよく30万円といったあたりがボーダーラインのようです。

月30万円をFXで稼ぐには?

FXでは主にスキャルピングといった細かい利益を積み重ねていく手法、取引から決済までが1日程度のデイトレード、1週間程度の保有期間を要するスイングトレードがあります。

どの手法が良いか悪いかの議論はまたの機会にするとして、FXで生活していくための条件から見合ったトレード手法を選択する必要があります。

定期的に稼いでいくことが重要

一番大事なのが「赤字の月を極力無くしていくこと」です。

なぜなら赤字が数か月も続くとゲームオーバーになってしまうからです。

この条件を満たすためには、スイングトレードなどの比較的長い期間での勝負は避けなければなりません。

1ヶ月は4週間ほどしかありませんから、勝率が8割程度ないと毎月のように勝ち越すことができません。

仮に勝率7割・シャープレシオが1.5を超えるような素晴らしいトレード手法でも、スイングトレードだと赤字になる月がちらほらと出てしまうので採用できないです。

ですから選択できるのはスキャルピングかデイトレード、またはその間ぐらいのトレード間隔となります。

1ヶ月は20日

忘れてはならないのが「FXができるのは平日のみ」ということです。

ついつい1ヶ月は30日または31日と思ってしまいがちですが、稼ぐチャンスは月に20日ほどしかありません。

ですので、月に30万円を稼ぐには1日1.5万円が目標金額となります。

もちろん平日が21日や22日の月もありますが、その分はプラスαと考えます。

プロトレーダーは月に何pips稼ぐのか

ここから少し専門的な話になります。

FXは色んな通貨ペアが取引できますので、ドル円でいくら稼いだとかポンドドルでいくら負けたとかの話をしても物差しが違うので比較することができません。

そこで基本的にはpipsでの計算が必要になってきます。

たとえばドル円が100円のときにロングして101円で決済したら100pipsと言うのがFXの常識です。

ボクはあまりプロトレーダーさんの知り合いがいないので知っている範囲での話でしかありませんが、おおむね月にプラス300~500pips程度の方が多いようです。

多少なりともFXをかじっているボクとしては「とんでもない数字だな~」という感じですが、極めればそのくらいは稼げるのでしょう。

経験上頑張っても300pipsが今の限界

月に500pips以上の利益を出したことも何回かありますが、たまたま運が良かった月なだけで、今までの平均は50~100pipsぐらいです。

それでもトータルでは勝ってるから専業になろうと思った訳ですが。

自分で限界を決めるのはあまり好きじゃないですが、客観的に見ても今の経験値では月に300pips出すのが今の自分の限界だと思ってます。

最初から高い目標を立てるのは自分を苦しめるだけなので、ここは月に200pipsの利益を目標とします。

目標pipsからロット数とトレード数を決める

さて、ようやく目標pipsが決定しました。

ボクが目指す最低ラインは月に30万円なので、取引する数量は自ずと確定します。

FXは最低1000通貨から取引できますが(本来は1万通貨ですが最近は1000通貨からの取引が主流)、個人だと最大で100万通貨ほどまでの取引が可能です。

基本的には1000通貨で100pips稼ぐことができれば利益は1000円となります(クロス円以外の通貨ペアは若干異なります)。

ですから、プラス200pipsで30万円稼ぐためには1ショット15万通貨が必要になります。

次に大事なのがトレード数(トレード機会)です。

上述したように勝率が高くてもトレード回数が少なければ、確率の偏りによって負ける月が発生してしまいます。

また、月にトレードできる日数は20日ほどですから、1日1回のトレードでは相当高い勝率(勝算)がなければ出来ません。

個人的にはシャープレシオ1.0~1.3程度のトレードなら勝率55~65%を出すことができます(というか今まではそうでした)。

月間の損益バランスを平均化するためにも、最低でもトレード回数は1日10数回は必要だと思います。

ホントは月に1000回以上はトレードしていかないといけないのでしょうが、そうすると超絶スキャルピングをしていかないといけないですし、そもそもボクはスキャルピングが下手なので却下します。

どのローソク足でトレードするか

FXのチャートは1分足から日足、週足、なんなら月足と様々な時間帯別にチャートを見ることができます。

ローソク足の説明はここでは省きますが、1分足だと1時間で60本のローソク足が出来上がります。

個人的な感覚ですが、どのローソク足でも1波10~20本くらいの足で完結します。

もちろんもっと長いこともありますが(それより短い場合は長い足じゃないと勝てない)、基本的にはそのぐらいが多いです。

1時間足だと1日で24本しかローソク足がありませんので、波が2~3回しかなくボクのトレードプランには合いません。

反対に1分足だと波が多すぎますし、そもそも1回の波で取れる利益が少ない(のとスキャルピングできない…)のでパス。

こう考えていくとボクがトレードできる時間足は5分足か15分足のみです。

ちなみに1日にトレードできる時間帯というのも大事になってきます。

FXは価格が動かないと利益になりません。

またスプレッドが広くなる時間帯も避けるのが賢明です。

基本的にはイギリスやアメリカの経済指標が発表される前後の時間、また深夜から早朝にかけて取引が少なくなる時間は避けたほうが良いです。

となると、24時間のうちトレードできる機会は実質18~20時間ほどに狭まります。

もちろん毎日20時間監視するのは到底無理なので、価格が動きそうな時間帯の中で長くても15時間ほどが監視する時間になります。

15時間だと、5分足で180本・15分足で60本となり、それぞれ9~18回・3~6回のトレードチャンスがあります。

実際に書いてみて「トレードチャンス少ないな~」と思いましたが、確かにしっかり勝とうと思ったらこのくらいですね。

逆にこの回数を超えてトレードしてる時って確かに負けてることが多いよな、と思ったり。

まとめ

だらだらと書いてしまいましたが、ボクのトレードプランに適しているのは5分足で、次いで15分足といったところです。

5分足で小さな波(3~5pips程度)を取りながら、たまに15分足で少し大きな波(5~10pips)を狙っていき、1日10pipsを取っていく感じがよさそうですね。

このように、毎月の稼ぎから逆算して自分に適しているトレードプラン・1回で狙う利幅や金額を決めていくことが、FXで専業になる第一歩です。








-未分類

Copyright© 副業で1秒1円稼ぐための戦略思考 , 2020 All Rights Reserved.