空き時間をフル活用して本業を超える収益を稼ぐ

副業で1秒1円稼ぐための戦略思考




アフィリエイト

最も効果的にPV数を上げる施策「CTR向上」は初心者こそ取り組むべき

投稿日:

 

アフィリエイトで報酬を上げるために必要不可欠なPV数。

もちろん少ないPV数でも魅力的な文章、効果的なアフィリエイトリンクの配置などができれば、コンバージョンが高まり収益にも繋がりますが、初めて1年も経たない方ではそこまでケアしていくのは難しいもの。

それよりも、まずは「どうすればPVが集まるのか」ということに注力していく方が、後々大きな報酬に繋がってくることでしょう。

 

PV数を上げるには

  • 検索ボリュームがある
  • Googleの検索上位

であることが重要ですが、もうひとつPVアップに欠かせない指標があります。

それが今回ご紹介する「CTR」です。

非常に少ない時間で改善できて、場合によってはPV数も簡単に倍増させることができます。CTRの意味と具体的な改善方法について解説をしていきます。

 

CTRとは

CTRはクリック率のことを指し、例えばPVに対するサイト内のリンククリック率などで使用することもありますが、ここでは少し使い方が違います。

今回説明するのは「Googleの検索エンジン上で自サイトがクリックされた確率」についてです。

当たり前ですが、検索順位が高いほどクリック率は上がり、2ページ目以降(11位以降)になると急激にクリック率は下がります。

 

CTRの平均値

参考:internetmarketingninjas.com

 

Internet Marketing Ninjas社が行った2017年の調査によると、Googleの検索順位別クリック率は上記のようになっているそうです。

  • 1位:21.12%
  • 2位:10.65%
  • 3位:7.57%
  • 4位:4.66%
  • 5位:3.42%
  • 6位:2.56%
  • 7位:2.69%
  • 8位:1.74%
  • 9位:1.74%
  • 10位:1.64%

6位と7位のクリック率が逆転しているのが少し気になるところですが、1位と10位ではクリック率に10倍以上もの差が付いていることがわかります。

CTRが20%で月間検索ボリュームが1000であれば、その検索キーワード経由でのクリック数(訪問数)は200あるということです。

もちろん検索上位になれば他のキーワードでも検索流入が見込めます。

 

CTRの改善方法

それでは具体的にどのようにしてCTRを改善していくのかを解説していきます。

たとえ検索順位が10位でもユーザーの目に止まり、かつ興味を惹くタイトルであればCTRの向上を期待することができます。

 

CTRの目標設定を行う

まずはCTRの目標を決めましょう。

先ほどのCTR平均値はあくまでも「平均」です。最低でも平均の1.5倍ほどは狙うべきで、個人的なデータによれば1位で50%が最低ライン、3位でも15%は目指すべき数値目標となります。

  • 初級者:平均値の1.5倍
  • 中級者:平均値の2.0倍

は稼ぎたいところですね。

 

深い悩みは高CTRになる

いわゆるトレンド系のタイトルよりも悩みの深いジャンル、例えば「どうして自分は痩せないのか」などの検索意図を持ったキーワードは、比較的CTRが高くなる傾向にあります。

 

今すぐ客も高CTRの傾向

すでに購入したい商品名(商標ワード)を検索してくるユーザーもCTRが高くなる傾向にあります。

検索意図にドンズバのタイトルをつけることができれば、CTRが70%を超えてくることもよくあります。

 

サーチコンソールで改善項目を探す

お宝キーワードをサーチコンソールで探す方法でも触れましたが、サーチコンソールは通常のままだと999件までしかデータを抜いてくることができません。

そこでGoogleの拡張機能を使い、全データをエクスポートします。

そして、先ほど目標設定を行った順位別の目標CTRを下回っているページタイトルをピックアップします。

そのタイトルとにらめっこして、検索意図にマッチしているかどうかのチェックを行います。

改善項目が見つかったら実際にページタイトルを書き換えていきます。

 

検索流入のあったキーワードは外さない

注意点として「サーチコンソールで検索流入が確認できたキーワード」は、タイトルからなるべく外さないようにしましょう。

「なるべく」というのはケースバイケースだからで、あまりコンバージョンに結びつかないキーワードであれば外しても良いでしょうし、他に重要視するキーワードがあるなら、優先順位を考えて外す必要もあるからです。

よくやりがちなのがキーワードの詰め込み過ぎで、これは狙っていないキーワードで上がってしまうだけでなく、他のコンテンツと重複ペナルティを受ける場合があります。またGoogleに嫌われやすいので要注意です。

 

具体的な数字を入れる

例えば「夏までにダイエットするためにオススメな方法」よりも「夏までにあと3キロ痩せるために実践してほしいダイエット」の方がCTRは高くなります。

数字を入れることで具体性が増し、ユーザーがそのページを見たときに何が得られるのかをより想像させやすくなります。

 

結論をタイトルに入れる

初心者にありがちな「バナナダイエットは効果はあるの?」など、実際にサイトを覗いてみないと結果が分からないようなタイトルはCTRが低い傾向にあります。

それよりも「効果抜群のバナナダイエットで実際に5キロ痩せた話」などの方がCTRは高くなるでしょう。

また、タイトルを読むだけで将来の自分が想像できるようなタイトルも非常に良いですね。

 

キャッチコピーだけにとらわれないように

このようにCTRを上げることはPV数増加の施策として非常に有効です。

しかし、キャッチーなコピーのタイトルをつけたとしても検索上位に表示されなければ意味がありません。

やはり基本はある程度ボリュームのあるキーワードをタイトルに入れることで、そこからどのように工夫をしていくのかが重要です。

くれぐれも自己満足のページタイトルにしてしまって検索流入が期待できないような状態にならないように注意しましょう。

 








-アフィリエイト

Copyright© 副業で1秒1円稼ぐための戦略思考 , 2019 All Rights Reserved.