空き時間をフル活用して本業を超える収益を稼ぐ

副業で1秒1円稼ぐための戦略思考




FX

アメリカ雇用統計×海外FXで稼ぐ方法

投稿日:


 
 

以前の記事でも紹介しましたが、国内FXより圧倒的なサービスを誇る海外FX。
今回は海外FXを利用してアメリカ雇用統計で稼ぐ手法について解説していきます。

 

海外FXのおさらい

 
海外FXでは国内FXに比べサービスが充実しています。
詳細は海外FXを利用して無リスクで10万円以上稼ぐ方法を確認してください。

ここでは簡単におさらいをしておきます。



 

圧倒的なレバレッジの差

 
日本では最大レバレッジが25倍までと決められています。
レバレッジとは、口座に差し入れた金額よりも多くの資金を仮想的に使うことができる仕組みのことで、例えば100万円の資金を口座に入れれば日本では2500万円までの取引ができるという意味を持ちます。

対して海外FXでは最大レバレッジが300倍なんてのはざらで、FX会社によっては1000倍のレバレッジで運用することも4できます。
 

キャッシュバックの違い

 
日本ではFX口座を開設し、その後取引をすると数万円程度のキャッシュバックを受け取ることができますが、そもそも取引をする段階でリスクが発生します。
対して海外FXでは「入金によるボーナス方式」を取っているFX会社がほとんどで、例えばXMだと最大50万円(1ドル100円計算)の入金ボーナスがあります。

また取引によるキャッシュバックもありますので、この時点で海外FXが圧倒的に有利なのが分かります。
 

ゼロカットシステムの採用

 
国内FXでは口座に差し入れた証拠金を下回るような暴落が発生したとき、そのマイナス分はトレーダー持ちとなり、マイナス分を相殺するようにFX会社に支払わなければなりません。

これはFX会社を守るためにある予防的措置ですが、海外FXにおいてはそのほとんどが「ゼロカットシステム」を採用しており、万が一口座資金がマイナスになってしまってもマイナス分はFX会社が持つ仕組みになっています。

海外では「トレーダーが負うリスクは口座に差し入れた資金のみ」という全く逆の考えが浸透しているので、それによって個人投資家が積極的に取引を行うことにつながっています。

今回はこのゼロカットシステムと、海外FX特有のハイレバレッジを有効利用した戦略について説明します。
 

資金1万円で2万円を狙う投資手法

 
ゼロカットシステムを採用している会社であればどこでも良いですが、ここではXMを例に説明します。

1. まず口座に1万円を振り込みます。

2. 1万円でドル円を6万通貨買い(または売り)のポジションを持ちます。

3. 33pips上がったら(または下がったら)決済します。

以上です(笑
 
 
たったこれだけですが、後述するアメリカ雇用統計との組み合わせで非常に有利な投資を行うことができます。
 
 
上記取引を具体的に説明します。

1万円の資金だとXMの場合、1ドル100円だと約6万通貨の取引が可能です(手数料込み)。
手数料(スプレッド)は相場の状況によって多少上下しますが、おおむね1万通貨あたり200円程度と覚えておけば問題ありません。

XMの場合、最大レバレッジが888倍(スタンダード口座)なので、1万通貨あたりの証拠金は1127円となります。
手数料を含めると1万通貨あたり1500円あれば足りる計算なので、1万円÷1500円=6.67となり6万通貨を持つことができます。
 

なぜアメリカ雇用統計を狙うのか?

 
アメリカ雇用統計とは、毎月第1週の金曜日に発表されるアメリカの指標です。
雇用の統計ですから、発表された数が多い⇒アメリカの景気が良いと認識され、ドル円であれば上昇することになります。

ただ注意が必要なのは「単純に数値が良いから上がるわけではない」ということです。

アメリカ雇用統計に関わらずどの指標においても、事前にアナリストなどが調査をして「概ねこのくらいだろう」という予測値を発表します。
その事前予測に対して良いか悪いかが大事になります。

かといってFXトレーダーにとっては事前予測も発表値も重要ではありません。
なぜなら上がるか下がるかなんて分からないからです。

アメリカ雇用統計の発表は日本時間で21時30分(冬時間は22時30分)ですが、その時間を迎えた瞬間に一気に上下します。
ですので発表速報値を待ってからトレードを行っても間に合いません。

事前にどっちに転ぶかをかけるのみです。

そしてアメリカ雇用統計は「全世界のFXトレーダーが注目している指標」です。
アメリカドルは世界の基軸通貨で、全世界のFX取引数量の約7割をアメリカドルを占めていると言われています。

ですからFXトレーダーにとっては、アメリカ雇用統計は月に一度のお祭りのようなものです。

そんなアメリカ雇用統計ですが、発表時間になると一気にボラティリティが上がり、場合によっては一瞬で50~100pips程度の乱高下があります。

過去12回の平均pips(値動き)は46pipsありました。
この「一気に乱高下する瞬間」を狙ってトレードするのが「アメリカ雇用統計×海外FX」による投資手法です。

例えば以下の画像は2016年8月5日のアメリカ雇用統計時のドル円5分足チャートです。

アメリカ雇用統計の値動き

このときの市場予測値はプラス18万人で発表値はプラス25.5万人と、事前予測を大幅に上回る数値でした。
これにより価格は一瞬ワープし窓を開ける格好となりました。

上記チャートは5分足ですので、1本のバーが5分間で形成されています。
発表前のドル円価格は101.02円だったのが、一瞬で101.55円となりました。

もし海外FXでのハイレバレッジ投資手法をこのタイミングで使ったのならばどうなっていたのでしょうか?
 

ドル円の買いで入っていた場合

 
一瞬にして50pips上がったので、6万通貨×0.5でプラス3万円となっていました。
もちろん事前にOCO注文などを入れていればその利幅となっていたと思いますが、その後102円に乗せる場面もあったので、場合によっては100pipsの利幅でプラス6万円という展開もありえました。
 

ドル円の売りで入っていた場合

 
一瞬にして50pips上がったので、文字通り「瞬殺」です。
ただしゼロカットシステムがありますので、リスクは口座資金の1万円のみ

上がるか下がるかの勝負ですので、基本的に勝率は5分5分ですよね。
でも勝ったときは3万円、負けても1万円の勝負ですから非常に有利な投資手法であることが分かります。

この投資で気をつけるべきことですが、結構ギリギリのレバレッジで取引を行おうとする場合、あまり早めにポジションを取ると、雇用統計発表前の少しのノイズで強制決済されてしまうことがありますので、ポジションを取るのは発表30秒ほど前にするのが良いです。

XMの口座は以下から作れます。










-FX

Copyright© 副業で1秒1円稼ぐための戦略思考 , 2020 All Rights Reserved.